>  > 高級デリヘルはダラダラ働いて稼げる仕事ではない

高級デリヘルはダラダラ働いて稼げる仕事ではない

現代の社会では様々な仕事がありますが、仕事の内容によっては自由気ままに自分のスタイルで仕事が出来る職種があれば、自由が効かずに目まぐるしく仕事に追われる職種もあります。出勤時間も退勤時間もそれぞれでなかなか自由に働ける仕事は多くありません。給与の職種によってバラバラです。特殊な職業な場合であれば給与が高い職種がありますが、逆に安月給な職種もあるので千差万別と言えるでしょう。風俗業界でも同じ事がいえます。ダラダラと仕事ができる風俗店もあれば目が回るほど忙しい風俗店もあります。ですが、基本的に風俗店のシフトは自由出勤なので時間が空いてる日に仕事をするスタイルが主なのである程度の融通は効きます。また風俗業界なので女性が主に商品となります。生理現象で毎月来る生理に当たればその期間は働くことが出来ず強制的に休みを取らされます。一般企業のように月曜日から金曜日まで働かなければいけなかったり、週に2日休みが取れる会社等様々ですが、風俗業界ではそういった縛りがないので幾分楽な働き方は出来るかと思います。しかし、自由の効く風俗業界でも高級デリヘルは一般的な風俗店とは別で、「気軽」や「簡単」など通用しない厳しい職種になります。高級デリヘルはその名の通り、高級感を出す風俗店になります。生半可な対応では高級デリヘルでは働けません。仮にダラダラと接客をしてしまえば当然お店へクレームが飛びます。高級デリヘルを利用するお客さんは一般的なデリヘルの対応は低品質な接客と考えています。高級デリヘルは言わば接待のようで、粗相を犯す事はまず許されないのです。一般的なデリヘル店では価格もそれ程高くないことから、「とりあえず性欲処理ができればいい」とこんな感じでお客さんは利用します。高級デリヘルの場合は「最高のおもてなしの上で女の子と遊べる」と考えています。お察しの通り、そもそも利用する目的や考え方が違うのです。見られ方も違うと言っておきましょう。高級デリヘルは「期待」されて利用するお客さんしか居ないのです。その期待は間違いなく「高級感」であって接客を疎かにすれば高級感は演出できません。また利用したお客さんをがっかりさせてしまえば、折角高い料金を支払ってもらったのに一般的なデリヘルと変わらりません。そうなければ当然お客さんは不満を抱きます。まず次回からはその人から指名を貰うことは無いでしょう。高級デリヘルは甘い考えで働けるほど簡単ではないのです。
おすすめの情報サイト → 高級デリヘルNETWORK

[ 2015-01-11 ]

カテゴリ: デリヘル体験談